ブログトップ

ソン・イルグク(宋 一国)(SONG IL KOOK)さんを描く

kuromame19.exblog.jp

ソン・イルグク(宋 一国)さんと、共演者を描く

ソウル一人旅 二日目の③

昌慶宮のガイドさん付きツアーを終え、Oさんと日本での再会を約束して別れた。

そのままホテルにまっすぐ戻り、ナイトツアーに備えて仮眠014.gif

シャワーを浴び、さっぱりしてから、地下鉄で夜の明洞に向かった。
友人は、ツアーでの訪韓だったので、夕食はツアー仲間ととることになっていた。
だから、私は今回韓国で初めて一人夕食をとることに^^;
少し不安もあったけど、それはそれでなんだか楽しそうだなーと思っていた^^ 
不安よりも好奇心が勝ってしまったのだ~^^/
20時過ぎに彼女の泊まっているホテルのロビーで待ち合わせをしていたので、時間はまだまだあった。
とにかく食いしん坊の私としては、夕食のことで頭がいっぱい^^;
2日続けてご飯もんだったので(わずか二日間だけだけどー^^;)、麺類が食べたくて、しかも冷麺が
食べたくて食べたくて・・・。「ネンミョンや~~い!」
土曜日ということもあって、明洞はすごい人ごみ@@;
最近行ってないけど、新宿とか渋谷の繁華街みたいな感じ(人ごみ苦手~~~;;)
人をかき分けながらキョロキョロしていると、ついに冷麺家さんをはっけ~~~ん!
喜んだのも束の間、なにを間違えたのか、となりの鉄板焼き屋さんに入ってしまった@@;アッチャー!ドジ!
まあ、それなりに美味しかったけど^^;

e0257478_1527559.jpg

e0257478_15474392.jpg
e0257478_1549875.jpg
e0257478_15495377.jpg
で、出来上がりー!
魚介類とキムチの味が効いて、なかなかのお味でしたよ^^v
ほんでもネンミョンが食べたかった~(;;)

食後、しばらく夜の明洞の町ををブラブラしてから、ホテルで友人を拾い、一緒に地下鉄で、
ナイトツアーの集合場所である良三に向かった。
明洞の繁華街は不夜城という感じで、遅い時間にもかかわらず、ものすごく明るかった。
観光客も多かったので、一人旅の中年のおばさんでも、なんとなく安心して歩けたなー^^
(路地はヤバイかも^^;)

3号線良三駅の地下鉄から地上に出ると、深夜の広場に、ツアー参加者の(かつて乙女だった)^^;)
熟女たちが、すでに大勢集合していた。
皆、頬をピンク色に染めた女子高生みたい^^・・・そんな華やいだ雰囲気でした^^

これから楽しい修学旅行に出発~!って感じかな^^

ツアーについては、ちょっと端折ります^^;
言葉では言い尽くせないほど楽しいツアーだったことは確かで、イルグクさんの誠実さと優しさを
実感した旅でした。
まあ、書けるところだけ書きます^^;

ではでは、また029.gif
[PR]
by kuromame55 | 2012-11-06 15:53 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kuromame19.exblog.jp/tb/19164947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 美雨 at 2012-11-09 08:13 x
アンニョンハシムニカ。くろまめオンニィ。
(以前も書きましたが、心から尊敬を込めて”オンニィー”と呼べる数少ない人生の大先輩です❤)
こちらのブログでは、こころこめて、こう呼ばせていただきますネ!

その節はお疲れ様でした。

イラスト日記、臨場感たっぷりでユニーク!
(私は例の黒猫ちゃんが気になってましたが・・・)
一人旅もいいですよね。自分もしょっちゅう一人旅です。不安なこともあるけど、思わぬ出会いや、現地の人との触れ合いがあって、いまだに交流が続いてたりします。これって、ひとり旅の特権?^^ 
くろまめオンニィも韓国はもう三度目でだいぶ慣れた感じでチョア(^_-)-☆です。
Commented by 美雨 at 2012-11-09 08:14 x
(ゴメンナサイ、投稿したら、↑なんか途切れてしまいますた。汗)

冷麺!わかります。突然食べたくなって衝動買いにいく自分・・あの歯ごたえ、シコシコ感、日本の麺では絶対味わえない!(>_<)
でも実は、世界一美味しいと思えるのは、いまだに水原の市場仲見世で食べた、あのカルビつき冷麺です。お腹を冷やさないようサゴル(牛髄)のスープまでついてて・・・(って、偶然気付いた?笑)
結局次の年、訪れたとき、食べたのも同じ店で同じメニューでした。(爆)このときは、スープでなく、コーヒーがサービスでついていました。新大久保でもプサンでもソウルでもあの味には巡り合えなかったかも・・・(そりゃそーだ
でも、くろまめさんったら(ププ)やっぱりそそっかしいんだから。
となりの鉄板焼き屋さんで、オッチョンジー サンガネヨ??(爆)
しかし鉄板ボッサム炒飯美味しそう!結果佳ければすべてよし、ということで。^^
Commented by kuromame55 at 2012-11-10 11:03
美雨さん、おはようございま~す^^/
いや~ん!腰が引けるから「尊敬」なん言葉つかわないでおくれ(〃ω〃)
明洞では、お店の中からイケメンのお兄さんの「オソオセヨ~!」って言葉に吸い寄せられてしまいまいた^^;・・・そそっかしいというか、いいかげんというか、ほんにドジなくろまめです^^;
ひょうたんからコマじゃないけど、マジで美味しかったですよ~!
Commented by ゆめおい at 2012-11-18 09:53 x
不安より好奇心が勝つ・・・
見習わなくちゃ、やっぱりくろまめさんは感性はお若い!
新鮮な体験の中でイルググさんの誠実さに包まれて素晴らしい時間を過ごされましたね。
Commented by ゆめおい at 2012-11-18 09:55 x
間違えた。
『感性は若い』『感性が若い』です!
そそっかしくてごめんなさい。
Commented by kuromame55 at 2012-11-19 21:48
ゆめおいさ~~~ん、返事遅れてm(_ _)m
そろそろ更新しなきゃと思いながらもズルズルと・・・^^;
「感性が若い」なんて、うれしいな~!とは言いつつ、時代に取り残されている実感をしばし感じるくろまめです^^;
でも、確かに好奇心だけはかなり強いかも^^ 平塚のイタリアン、狙っています^^