ブログトップ

ソン・イルグク(宋 一国)(SONG IL KOOK)さんを描く

kuromame19.exblog.jp

ソン・イルグク(宋 一国)さんと、共演者を描く

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

二日目の②を語る前に、ちょっと一休み(ちょっとどころじゃないけどー^^;)

一応、動物画を描いている者として、出会った動物たちを紹介^^
最近は動物画家としての自信が揺らいできちゃっていますが・・・(;_;)

まずはカチくん(日本名はカササギ)
日本では、一部の地域を除き、生息していません。
日本でいえばカラスの仲間かな。
あちらでは「カチ」と呼ばれて、街のいたるところで見かけられます。
ソウル特別市の市の鳥にも指定されています^^
とても優美で美しい鳥でしたよ。まあ、日本のカラスくんだって、よくみればなかなか美しい鳥ですけどね^^
昌徳宮の広い敷地の中にもたくさんいて、松の木の上に止まっている姿は、絵になります。
で、描いてみました^^
e0257478_1053755.jpg


お次は、シマリスくん
やはり昌徳宮の森の中を跳ね回っていました。
人間を怖がるふうでなく、目の前で悠然と木の実を食べていました^^
かわゆい!
e0257478_16434122.jpg


最後は、統営のとある場所で(^^;)出会った猫さん。
韓国で猫に会うのは珍しいと言われたことがあるけど、今回は2日の間に3匹の猫さんと出会いました^^v
この子については、旅の記事で語りますね^^ どうぞお楽しみに(誰も楽しみじゃないっつ
ーの^^;)
e0257478_16471545.jpg

[PR]
by kuromame55 | 2012-10-26 16:49 | SONG ILKOOK | Trackback | Comments(4)
二日目はー・・・「午前中に昌徳宮を、隅々までゆっくりまわり、
午後は、わりと近場の仁寺洞あたりで昼食をとってから街をブラブラしてー、
早めにホテルに戻り、仮眠」・・・そんな予定を組んでいた。

なんといっても今晩は、今回の旅の最大の目的である、深夜からのナイトツアーがある。
どこかで1人で夕食を済ませてから、8時頃までに友人の泊まっている明洞のホテルまで行くのだ。
地下鉄に不慣れな友人を拾って(といっても、私もひとりで地下鉄に乗るのは初めて^^;)、
ふたりで、三号線に乗って、ツアーの集合場所である良才に向かう・・・てな感じで。

昌徳宮のガイド付き朝一の「後苑コース」を申し込むため、昨夜コンビにで買っておいたギンパプを
ミネラルウォーターで胃に流し込み、昌徳宮に急いで向かった。  
といっても、昌徳宮までホテルから歩いて、なんと5分 ホホホーッ!^^/
かなりのリーズナブルなホテルだけど、最高の立地条件でしょ!^^ 周りは世界遺産だらけだもん^^
ちなみに前夜、朝食用にコンビニでおにぎりを買おうと思ったら、おにぎりよりキンンパプのほうが
充実していたもんで、思わずキンパプに手が伸びた^^やはり韓国だなー、と小さな感動!

祝日にもかかわらず、早朝ということで人もまだまばらでした。
集合場所に着くと、すでにコースを申し込んでいる人たちが数人集まっていていた。
日本語コースを申し込んだので、ほとんどが日本人。数人の中国系の人たちを含めて20人くらいかな。
時間キッチリにチマチョゴリに身を包んだガイド嬢が現れ、いざ出発!
e0257478_1415730.jpg

昌徳宮は1405年に太宗が建てた朝鮮王朝第二の王宮です。
世界遺産に登録されているだけあって、建造物としての造形美、色彩の美しさ、どちらをとっても
さすが!と思いました。 しかし「後苑コース」は山道に沿って点在している建物をめぐるので、
かなりキツーイ!
履きなれた靴をはいてきてよかったー!と思った。
途中休憩時間も何度かあったけど、およそ2時間くらい歩き通し。
ガイド嬢の歩く速度が早くて、歩調を合わせるのが結構大変だった。
中には途中でリタイアする年配の方も何人かいらして、お気の毒だった。
そんな中、荒い息を吐きながらも、必死で歩いている年配の女性がいらした(自分だって十分年配だけど^^;)
とても気になって、なんとなく声をかけずにはいられなかった。
e0257478_2255172.jpg

e0257478_22561813.jpg


その後、その女性Oさんと午後の濃い~ひと時をご一緒することに^^
この続きは、また気が向いたらね・・・^^
とりあえず予告イラストを^^/

e0257478_22571713.jpg

[PR]
by kuromame55 | 2012-10-21 22:57 | SONG ILKOOK | Trackback | Comments(2)
少し落ち着いたら、モーレツにお腹がすいてきた@@;

宿泊するホテルはシンプルで清潔で安くて、私のような金欠旅人にとっては、申し分ないのだけど、
食堂施設がない007.gif
ホテルの周りは、日本でいえば地方のローカル線の駅前風で、観光客向けのお店が全くない。
食堂ぽいつくりのお店も数件あるにはあるのですが、1人ではちょっと入りにくいかんじ^^;

でも、ダイジョウブイ^^v ホッホッホッ!

今宵は、ソウルに住む友人夫婦がご馳走してくれるのだー^^/
友人のOさんは、私達夫婦とは長年の付き合いで、数年前に在日の女性と再婚された方^^
この9月から、奥様の実家があるソウルに移り住み、65歳にして新たな人生を歩もうとしているのです^^

お腹の「ぐ~~~!」の音が鳴ったと同時くらいに、フロントから客人のお知らせが^^

フロントに行くと、友人夫婦がにっこりと私を出向かいえてくれた。
2人の笑顔を見たら、ドッと緊張感が溶けて身体中の力がすっと抜けた感じ^^
奥様とは、初めてお会いしたけど、かなりの美人^^・・・ やったねーOさん!
ズーッと手をつなぎあっているお2人には、こちらが照れくさくなってしまったワイ^^;
あとでわかったけど、ソウルの街を歩いていると、若者だけでなく、年配のカップルも手をつないでいる人が
多かったなー! 日本じゃちょっと考えられなけど、ちっとも不愉快な印象は受けなかった。
愛情表現が日本と比べてストレートなのかもね^^

あとは2人に連れられて、仁寺洞の料理屋へ!
私の好みを気遣ってくれて、野菜中心の身体に優しいヘルシーメニューが売りのお店だった。
e0257478_1765067.jpg


テーブルに乗り切れないほどの料理が並び、どれもおいしくて、至極満足満足!
おいしい料理と作りたてのマッコルリで、もういう言うことなし^^
e0257478_1781890.jpg

e0257478_1785980.jpg
たらふく飲んで食べて、ソウルの一日目は終了~~~!


早朝、聞きなれない言語が飛び交っている音で目覚める。
窓を開けると、街の人たちが朝の挨拶を交わしていたり、食器の音や、遠くで車のクラクションが聞こえた。
あー!私は異国にいるんだー!と
e0257478_10362381.jpg

[PR]
by kuromame55 | 2012-10-16 17:10 | SONG ILKOOK | Trackback | Comments(6)
たかだか3泊4日の短い旅ですが、ゆっくりゆっくり語ります^^;

1日目の②でーす!

さて、仁川空港に到着してから、なんとかソウル市内行きのリムジンバスに乗り込んだものの・・・。
日本のリムジンバスと違って、普通のバスのように、いたるところに バス停があり、こまめに止まってくれる。
私は「安国」というバス停で降りなければならないので、幾つめに止まるかあらかじめ数を数えていたのだけど、途中で何番目のバス停かわからなくなってしまった@@;
日本語での車内放送もあるんだけど、ちょっと聞き取りにくい@@;
思い切って、隣に座っている携帯いじくりまくりのお姉さんに、「アングウ?」なんて小さい声で聞いてみた。
ちょっと迷惑そうな感じだっけど、「まだ先よ!」なんて風に言っていた(ような気がする^^;)
結局、そのお姉さんが、安国のひとつ前のバス停に着いたとき「ドウン・・アングウ」と教えてくれた^^
若いような中年のような^^;オンニーさま、カムサハムニダー!^^

バスを降りてから、荷物をガラガラ曳きながら、地図を片手に、3日間お世話になるホテルへまっしぐら!
途中日本大使館の前を通ったけど、特に騒がしい雰囲気でもなかった。
さすがに門前で警備をしているおまわりさんの目は鋭いような気がしたけど。

途中の道が工事中で、少し道に迷う。
車の修理工場の前で、おじさんが車を誘導していたので、一段落した時、「チョギー!」←(これしか知らない^^;)と言って、ホテルの場所を尋ねると、「おいらはわかんねえ!」みたいなことを言いながら、近くにいた若い社員を呼んでくれた。若者はすぐにわかってくれて、丁寧に場所を教えてくれましたー^^/
またもや「カムサハムニダー!」
e0257478_22525889.jpg


その後、なんとか無事ホテルに到着!
フロントでオーナーの息子さんらしき人が、丁寧な日本語で出迎えてくださった^^
「お~~~!1人でここまで来れた~!」
案内された部屋に入ると、緊張感がどっとほぐれ、清潔なベッドの上にバサーッと斃れこんだ^^
ヤレヤレ@@; 横浜の我が家を朝7時に出て、ホテルに着いたのは午後5時半。
ほっとしたら、お腹がグーッと鳴ったのです^^;
楽しい夕食のお時間で~す!

この続きは、また気が向いたらね~^^/

e0257478_22515716.jpg

[PR]
by kuromame55 | 2012-10-06 22:54 | SONG ILKOOK | Trackback | Comments(4)
今日はイルグクさんの、41歳の誕生日(韓国では42歳?)
ささやかではあるが、ちっと祝ってあげたい(母心、いえいえ叔母心^^)

だ~~~~~~っと、走り書きのようにいい加減な絵ですが、我がピンボケ写真を参考にしながら、
プレゼントっぽいものをもらっている風に描いてみる^^

いつになったら、じっくり時間をかけて、丁寧な肖像画を描けるようになるんでしょ?
イルグクさんの絵を描き始めると、何故か描き終わった絵を早く見たくて(自分でも変なヤツだと思う^^;)
とにかく早く描き終えたい一心で描く。結局時間をかけたくないのね@@;
じっくり丁寧は、当分無理そう^^;

言い訳は、置いといて・・・。

e0257478_2021129.jpg

   お誕生日おめでとうございま~す!♪067.gif
私としては、演技力をもっともっと磨いて、世界に通用する俳優を目指して欲しいですよ~~~ん!061.gif
[PR]
by kuromame55 | 2012-10-01 20:02 | SONG ILKOOK | Trackback | Comments(4)